夏の省電力・暑さ対策(その3) 「省電力宣言」「デュアルポンプ運転」

ウォータージェット加工専門の米山です

 

 

東京瑞穂も午後からやっと雨降りが「止まった」ようです。台風一過って「スカッとピーカン」になるイメージがあるんですが雲から青空がちょっと見えたり見えなかったり...まだ降るのかな

 

それにしてもすごい量の雨でしたね。

 

 

さて、夏の省電力・暑さ対策のご紹介(その3)

 

計画を実行し目的を達成すためにはまず「やるぞ」と宣言することが大事です。

s-2011setuden01.jpg

 

そんなわけで「節電アクション」と「都連省エネ診断」と「東京電力小口契約向け契約電力減少申込み」を行いました。

 

これは「節電アクション」のステッカー、目標節電率は「15%」PRポイントはシンプルに「楽しく着実に省電力」としました。

 

 

 

そしてこちらs-2011setuden02.jpg、左側は瑞穂町商工会(都連)の省エネ診断の「節電行動計画」です。

 

右側は東京電力の「契約電力変更(減少)申込書」、どれも目標は「確実に15%」と設定しました。

 

昨年7~10月の最大電力が「60kW」だったので今年の目標値は15%減の「51KW」です。

 

しかしISO14001も7年目なので昨年時点で消費電力は既に「かなりシェイプアップ」された数字なんです。

 

当社はウォータジェット加工機が3台ありますが、そのうちの2台はポンプ1個で加工機2台を動かす「デュアルポンプ運転」をしています。メーカ公表値ポンプ1個あたり30KWくらいですので「デュアルポンプ運転」でかなりの省電力を実現しています。

 

しかし「デュアルポンプ運転」でもウチはポンプが2個あるので60KWになっちゃう!はずですが40KW台の月が今までにもありますので実際の消費量はポンプ1個あたり10~20KWくらいなのでしょう。

 

それでも他の装置、工具、空調、照明、OA機も作動するとすぐに60KWは超えてしまいます。いろいろと工夫をして汗を流して頑張りましょう!

 

 

 

更新:2011年07月21日