商工会の皆さまがウォータージェット加工を工場見学(その2)

商工会連合会主催の職員様向け工場見学その2です

 

第1班は本社工場の4号機、3号機、5号機、荒井工場の6号機の順で、第2班は荒井工場の6号機から見学して頂きました。

 

s-torenn03.jpg

 

4号機(SWS4225L)は、加工範囲1200×2400mmオープンキャッチャタイプ、よくある標準型のウォータージェット加工です。テーブル固定でXY軸が移動するので重量物の加工に向いています。

実演はチタン12mm厚の部品カットを見学して頂きました。

そして先代社長が装置をオペレート、まだまだ現役です!

 

3号機(SWS1100)は、加工範囲1000×1000mmテーブルタイプのウォータージェット加工機です。このタイプはウォータージェットにしては加工範囲が狭いのですが小回りの利きとても便利です。

こちらの装置では人口石の小さな部品の形状カット、このタイプウォータージェット加工機もないと、オールマイティにお客様の要望には応えられません。

 

5号機(SWS4225)は、加工範囲1200×2400mmテーブルタイプのウォータージェット加工機。このタイプは15年前はウォータージェット加工機の標準機だったのですが、このタイプもなかなか便利で、これでないとできないモノって結構多いんです。

こちらの装置では、カーボン(炭素繊維強化プラスチック)板の部品加工を見学して頂きました。

 

そして荒井工場の6号機(SWS4643)は、加工範囲2450×4300オープンキャッチャの大型最新ウォータージェット加工機です。

いろいろと特別な機能を盛り込みましたのでなかなかお伝えしづらいのですがすごい装置です。

こちらでは、計算機とスマホ充電器を真っ二つにするところを見学して頂きましたs-toren06.jpg

 

商工会職員の皆さまのご熱心かつ意欲的なお姿は、こちらも身の引き締まる工場見学会でした。

 

東京都商工会連合会のことは → 東京都商工会連合会ホームページ

「ウォータージェットブログ」→ gooウォータージェットブログ

「ウォータージェット動画」 → Youtubeウォータージェット動画

「ウォータージェットFacebookページ」 → Facebookウォータージェットページ

 

ウォータージェット受託加工専門 東京瑞穂の米山製作所


更新:2014年09月30日