ウォータジェットの特性

適合素材

加工材の材質を問いません

軟質材・硬質材、単質材・複合材、金属・非金属、通電材・非通電材といっ た違いに関わらす加工が可能です。特に難削、脆弱、複合、積層といっ た要素を含む機能材や新素材の加工に適しています。

 

材質 切断 穴あけ 中繰り 剥離 備考
チタン・ニッケル   材料取りにムダがありません
銅・真鍮   熱歪みが発生しません
アルミ   薄板は重ね加工が有効
複合材     組み合わせは自由です
SIC ・
アルミナ・セラミックス
  硬質材に有効です
カーボン・CFRP   C/C等各種切断可能です
ポーラス体・焼結体   チッピング・欠けがありません
ガラス   各種ガラスに対応します(強化ガラス以外)
ポリカ・塩ビ   溶け・ダレ・有毒ガスが発生しません
発泡樹脂     加工によるつぷれがありません
CBN・ダイヤ砥石   ダイヤモンドホイールに溝入れ
コーティング材   テフロンや塗装を剥離します
石材   象嵌に有効です
木材   合板・天然木等各種木材に対応します

 

<ウォータージェットの特性>

特徴
メリット・デメリット
適合素材

従来の加工との違い

 

>特徴へ

>メリット・デメリットへ

>適合素材

>従来の加工との違いへ