ウォータジェットの特性

メリット・デメリット

素材に熱影響を与えません、素材機能が変化しません

加工時における発熱が少なく化学反応も全くありませんので加工に よって素材機能を変質させたり改質させたりしません。加工物が焼 けたり焦げたり溶けたりすることはありませんし有毒ガスが発生し ません。素材機能を損なうことなく加工します。

加工応力が少なく、内部応力が蓄積しません

高速水流により加工による加工応力が少なく、内部応力の蓄積もあ りません。よって軟質材、薄材、脆弱材の加工ができます。また内 部応力が蓄積しないため後加工の手間が減り精度の向上にも寄与し ます。

 

<ウォータージェットの特性>

特徴
メリット・デメリット
適合素材

従来の加工との違い

 

>特徴へ

>メリット・デメリット

>適合素材へ

>従来の加工との違いへ