ガラス

結晶化ガラス壁

結晶化ガラス壁(ネオパリエ)

waterjet_yoneyama_neoparie.jpg

 

元板サイズ900×900mm×20mm厚

製品サイズ 約L1750×H700mm

バックサイズ 元板×4枚

 

製品は2色でパーツは外形カット14点に手すり用穴1か所、バックも2色で元板4枚にそれぞれパーツを象嵌するためのカット及び手すり用の穴1か所をカット

 

ネオパリエは綺麗かつ丈夫なのでまさに外壁には適材です。難削材ではありますが割れづらく、加工の立場からするとガラスというより人口石や特殊樹脂といった感じです

 

ウォータジェットとの相性は抜群です

 

石英ガラス(ガラス・アブレイシブ切断)φ800mm×70t

切断加工(高圧アブレイシブ)

 

g_07.png加工応力が少ないためガラスも割れずに加工できます。薄い素材から厚い素材まで加工できるのもウォータジェットの特長です。

適合素材

加工材の材質を問いません

軟質材・硬質材、単質材・複合材、金属・非金属、通電材・非通電材といっ た違いに関わらす加工が可能です。特に難削、脆弱、複合、積層といっ た要素を含む機能材や新素材の加工に適しています。

 

材質 切断 穴あけ 中繰り 剥離 備考
チタン・ニッケル 材料取りにムダがありません
銅・真鍮 熱歪みが発生しません
アルミ 薄板は重ね加工が有効
複合材 組み合わせは自由です
SIC ・
アルミナ・セラミックス
硬質材に有効です
カーボン・CFRP C/C等各種切断可能です
ポーラス体・焼結体 チッピング・欠けがありません
ガラス 各種ガラスに対応します(強化ガラス以外)
ポリカ・塩ビ 溶け・ダレ・有毒ガスが発生しません
発泡樹脂 加工によるつぷれがありません
CBN・ダイヤ砥石 ダイヤモンドホイールに溝入れ
コーティング材 テフロンや塗装を剥離します
石材 象嵌に有効です
木材 合板・天然木等各種木材に対応します

 

<ウォータージェットの特性>

特徴
メリット・デメリット
適合素材

従来の加工との違い

 

>特徴へ

>メリット・デメリットへ

>適合素材

>従来の加工との違いへ