ウォータージェットのことならおまかせください!

ウォータージェットのパイオニアとして、開業以来多くのお客様から様々な課題、難題を頂き様々な経験をさせて頂きました。
米山製作所はアイデアと工夫で技術革新を続ける、洗練先行型の技術イノベーションを続ける提案型受託カンパニーです。
豊富なカット実績と切断ノウハウでR&D小ロットから量産まで対応します

米山製作所のウォータージェット切断加工

切断・トリミング・穴あけなど

素材にダメージを与えたくない素材・CFRP・チタン合金などの難加工素材を加工

詳細はこちら
切断・トリミング・穴あけ
粗加工

ニッケル合金・アルミ合金・石英ガラスなどの高価で厚板素材の粗加工

詳細はこちら
粗加工
評価・試験片

素材にダメージを与えず断面観察を実現。JIS試験片にはウォータージェットをご検討ください

詳細はこちら
評価・試験片
その他(表面剥離・溝加工など)

圧力の調整により切断だけでなく表面剥離・溝加工・バリ取り・ウォーターピーニングが可能

詳細はこちら
その他表面剥離・溝加工な)

米山製作所の強み

工業、医療、建設、研究機関など顧客数は約700社。日本全国から海外まで。
米山製作所の加工は「ウォータージェット理論」にのっとった熟練技術師による匠のウォータージェット加工です。

豊富な実績とノウハウで問題解決

ウォータージェット加工受託専門30余年。
豊富な実績とノウハウで問題解決。

平成元年にウォータージェット加工機を導入し、以来ウォータージェット加工受託専門として1,000件以上のご相談をお受けしてまいりました。
現在も月40~50社のお客様のご対応をさせていただいております。

米山製作所の強みを詳しく見る

ウォータージェット加工機4台体制

ウォータージェット加工機4台体制。
迅速対応で短納期も可能。

米山製作所はウォータジェット加工機を4台保有しており、即日・大量 生産・小ロット・破壊検査など様々な案件に対応しております。
他社で断られた案件もご相談ください。

加工機4台体制の詳細はこちら

ウォータージェット加工とは?

ウォータージェット加工の原理は超高圧・超高速に噴出された水流です。
水流は水道水、研磨材は天然石なので工業排水も発生せず環境にやさしい加工と言われています。

ウォータージェット加工の特長

ウォータージェット加工事例

軟質材・硬質材、単質材・複合材、金属・非金属、通電材・非通電材といった違いに関わらず加工が可能です。
特に難削、脆弱、複合、積層といった要素を含む機能材や新素材の加工に適しています。

CFRP+アルミ合せ板

CFRP+アルミ合せ板

CFRPとアルミ合せ板の複合素材の加工事例です。

詳細はこちら
ダイヤモンドホイール溝掘り加工

ダイヤモンドホイール溝掘り加工

ダイヤモンドホイール:ダイヤ層8t+アルミ台座40t×φ450 スリット3...

詳細はこちら
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)

板厚3.0t×外形φ290,1-φ50センター穴,6-φ50(PCDφ150)[mm]...

詳細はこちら
結晶化ガラス壁(ネオパリエ)

結晶化ガラス壁(ネオパリエ)

元板サイズ900×900mm×20mm厚製品サイズ 約L1750×H700mm...

詳細はこちら

お問い合わせ