ウォータージェット加工は水を使った加工のため下記のようなデメリットもございます。
お問い合わせの際は下記条件をご考慮ください。

加工製品が濡れます

製品が濡れます

水を使用しているため、加工製品が濡れます。そのため濡れることで変質してしまう紙製の物は加工できません。 適応素材はこちら

CO₂レーザー程度

精度はCO₂レーザー程度

ウォータージェット加工は精度の高い加工はできますが、超精密機械加工までの精度な加工は実現できません。 加工精度表はこちら

テーパーが発生

テーパーが発生します

水での加工の都合切断面にテーパーが発生します。特別な機器や角度を調整することで誤差を減らすことは可能です。 加工精度表はこちら

お問い合わせ