CFRPとは?

CFRPとは、Carbon Fiber Reinforced Plasticsの略で、炭素繊維強化プラスチックを意味します。プラスチックを炭素繊維で強化した、高い強度と軽さを併せもった素材です。CFRPに使われる炭素繊維には、PAN系とピッチ系の2種類があります。PAN系はアクリル繊維を使った炭素繊維、ピッチ系とはピッチ(石油、石炭、コールタール)を原料にった炭素繊維になります。

CFRPの特長

PAN系炭素繊維の特長:
低密度・高比強度・高比弾性率
ピッチ系炭素繊維の特長:
柔軟性・低熱伝導性・摺動性
  • 軽量(鉄の約1/4)
  • 比弾性率(鉄の約7倍)
  • 比強度(鉄の10倍)
  • 耐摩耗性
  • 耐熱性
  • 熱伸縮性
  • 耐酸性
  • 電気伝導性
  • 疲労特性に優れる

CFRPの用途

軽量・高強度・高剛性であるCFRPは、スポーツ・レジャーから航空・宇宙まで幅広い分野で利用されています。

航空・宇宙
航空機・人工衛星の材料
医療機器
航空機の機体、ヘリコプターの回転翼
産業
天板、X線グリッド
スポーツ・レジャー
ゴルフクラブのシャフト、テニスラケット、釣竿

他の『FRP』素材との違い

繊維強化プラスチック(FRP)は炭素繊維以外にも、エポキシ樹脂やフェノール樹脂、ガラス繊維などの素材があります。

GFRP=Glass Fiber Reinforced Plastics=ガラス繊維強化プラスチック

柔軟性、耐衝撃性などに優れ、安価で成形性がよい。ハンドレイアップ成形からプレス型成形まで各種形状に適応している。FRPの中では最も安価で最も一般的。

AFRP=Aramid Fiber Reinforced Plastics=アラミド繊維強化プラスチック

アラミド繊維による強化で耐衝撃性に優れる。腐食しないなど耐久性にも優れているが、成形の自由度は低く後加工もしにくい。

お問い合わせ用語集一覧

お問い合わせ